正しい「水分補給」って?体に必要な「水」の考え方

水というのは生命維持に欠かせない物であり、水分が足りないと人間は生きていけません。

暑い日の熱中症対策にも水分補給がもっとも大事です。一日の水分補給と体から出ていく水分はほぼ同じです。

特にスポーツをするときは水分補給をし、脱水症状を防ぐことが特に大切です。スポーツをしているときや暑い日などは、汗もかくのでどんどん体から水分が失われていきます。体内から4~5%の水分が失われてしまうと吐き気や頭痛、だるさなどの症状が出て、それ以上失われると脱水症状の危険が起きます。スポーツをしているときは細心の注意を払って水分補給をすることが重要です。

また、最近ではエコノミークラス症候群という言葉もよく聞きます。エコノミークラス症候群は飛行機に限ったことではなく、車で数日間寝泊まりしても同じような状況になります。このメカニズムは、例えば飛行機でも車でも温度や湿度の条件が砂漠地帯と同じだと言われており、放っておくと体からどんどん水分が失われていくことになります。また、血流も滞ってしまいます。飛行機は12時間程度のフライトで約一リットルの水分がなくなると言われています。エコノミークラス症候群に陥る前に、水分補給はしておきましょう。

現在は飲料が発達して様々な清涼飲料水があります。しかし、基本的な条件はただの水を飲むことです。これが正しい水分補給になります。アルコールは利尿作用がありますので、かえって体内の水分が失われてしまいます。また、お茶やコーヒー、紅茶などもカフェインが含まれており、カフェインにも利尿作用があるので、水分補給には向きません。脱水症状にならないためには、運動の前後、飛行機に乗る前、寝る前、朝起きた時などにコップ一杯の水を飲みましょう。

また、お年寄りには注意が必要です。お年寄りは年齢のため喉の渇きが鈍くなり、熱中症などにかかりやすくなります。ご家庭にお年寄りがいるかたはこまめにチェックをし、冷えた水を飲ませるようにしましょう。冷たい水のほうが吸収がよいとされているので、なるべく冷やした水がいいと思います。しかし体内の冷やしすぎもまた体調不良や病気に繋がるので、臨機応変に対応していきましょう。