安心して水を飲むために。天然水の成分

体の60%以上が水でできているといわれるほど、人と水は密接な繋がりがあります。毎日の健康のためにも、安全性の高い水を美味しく飲みたいところです。

栄養豊富な水として人気なのが、ペットボトルでも売られているような天然水です。天然水には、4大ミネラルという成分が含まれています。カルシウムやナトリウム、カリウムにマグネシウムです。

カルシウムは骨を丈夫にする成分として、よく知られています。特に女性は閉経後に骨密度が下がる傾向が強くなるため、日常的にカルシウムを摂取することが大切です。天然水なら毎日飲みやすいため、骨粗しょう症の予防に最適です。

ナトリウムは塩分です。塩分が不足すると、ふらついたり、痙攣を起こす、最悪の場合には命の危険に陥ることもあります。天然水には微量のナトリウムが含まれ、水分が余分な塩分を排出することから、たくさん飲んでも塩分を取り過ぎる心配はありません。

カリウムには増えすぎたナトリウムを排出する効果があります。血圧を下げる作用を持つため、高血圧の症状がある人なら、積極的に摂取したい成分になります。筋肉をスムーズに動かす際にも役立ちます。

マグネシウムはカルシウムと結びつくことで、骨を作り出します。神経の興奮を落ち着かせる効果があり、リラックスした状態を維持しやすくなります。

この他にも、天然水には血糖値を下げる効果のあるバナジウムが含まれています。生活習慣病が気になる人に、おすすめの成分です。
一方の水道局から運ばれる、いわゆる水道水ですが、これにもきちんと栄養が含まれています。安全に飲めるように、塩素で殺菌されているのが特徴です。