「硬水」と「軟水」の違いは?

「水」と一口に言っても、成分の含有量や製造法などでさまざまに分類され、それぞれに呼び名があります。

今回は「硬水」と「軟水」の違いについてです。

水にはカルシウムやマグネシウムが含まれていますが、その含有量によって「硬度」いう数値が決められます。硬度は以下の式で求められます。

硬度=カルシウム量(mg/l)×2.5+マグネシウム量(mg/l)×4

WHOの基準では、硬度が120mg/l未満の水を「軟水」、120mg/l以上を「硬水」とされます。また一般的には、硬度が100mg/l未満を「軟水」、301mg/l以上を「硬水」とし、101~300mg/lの場合は「中硬水」に分類されます。

軟水はカルシウムとマグネシウムの含有量が比較的少ないため、口当たりが良くさっぱりとした飲み口で、身体への刺激が少なく、安心して飲める水と言えます。また素材の味を引き出しやすいので料理にも向き、洗剤の泡立ちが良いため洗濯にも適しています。なお、日本の水道水はほとんどが軟水です。

硬水はカルシウムやマグネシウムなどのミネラルの含有量が比較的多いため、苦みがあり、口当たりが重く感じます。またお米の炊きあがりが硬くなったり、昆布や鰹節の出汁が出にくくなるなど、日本の料理には少し使いにくいです。

しかしカルシウムやマグネシウムが多く含まれているという事は、それらが不足している時の補給には適しているという事でもあります。

現に、ミネラルが不足しがちな肉料理がメインの欧米では、硬水がよく使われています。また、便秘薬にも用いられるマグネシウムが多く含まれているため、便秘の解消のために飲む方も多いようです。ただし、体質や量によっては下痢をしてしまうこともあるため注意が必要です。